耐火被覆工事

耐火被覆工事
  • 求人・職人募集
  • 協力業者募集

QRコード

耐火被覆工事

耐火被覆工事とは建築基準法施行令第107条が改正され、建築物の階数及び各主要構造部に対してそれぞれに要求される耐火性能(耐火時間)が定められ、それに該当する耐火構造は国土交通大臣が指定することになりました。巻付けロックウール、ケイカル板まで認定取得した耐火被覆材を多数取り扱っており、現場に合わせた作業を行ないます。

耐火被覆工事

耐火被覆工事の種類

吹付け工法
ロックウールとセメントをあらかじめ工場にて混合した材料を吹付け施工機械で圧送し、ノズル先端の周囲から噴霧される水で包み込み、材料を湿潤させながら均一に下地に吹付ける工法
巻付け工法
耐火被覆材を固定ピンを溶接し取り付ける工法で、吹き付け工法とは異なり材料の飛散が無く、他業種との同時作業も可能
乾式工法
柱の被覆と壁の内装工事として鋼製下地に強化石膏ボードをビス留め。乾式工法のため品質が安定し、現場を汚さず工期が早くなります。塗装、クロス仕上げが可能で、トータルコスト削減につながります。

巻付耐火被覆・巻付け式工法をメインにしております。

高温でも形状が保てる耐熱ロックウールの表面に、難燃性の不織布を貼り付けた材料を使用し、これを鉄骨に巻き付けて、溶接固定ピンで留め付ける被覆工事です。幅広い耐火被覆材や断熱材を取り扱えるメリットを生かし、その場所・現場に合わせた材料を選定し、プランをご提案いたします。コスト重視、有効幅重視、意匠性重視などお客様と一緒になって考えます。従来の耐火被覆材にはない安定した品質、施工性、作業環境が得られます。

  • 耐火被覆工事イメージ
  • 耐火被覆工事イメージ
  • 耐火被覆工事イメージ
  • 耐火被覆工事イメージ
耐火被覆工事、サイディング工事ならアースにお任せ下さい!